So-net無料ブログ作成
交通安全 ブログトップ

環状交差点(ロータリー)通行 [交通安全]

皆さんは環状交差点(ロータリー)の正しい通行方法をご存知ですか平成26年9月に道路交通法が改正され、環状交差点の通行方法が変更されました。今までは、交差点に進入する際には一時停止することになっていました。今回の改正では一時停止が廃止され、「環状交差点に進入する場合は、徐行して安全を確認しつつ進入する事」となりました。


私の住んでいる地区にも3か所ほど環状交差点があるのですが、どうも勘違いされている人がいるようで、一時停止しなくて良くなったという部分だけ都合よく解釈して、環状交差点内を通行中の車がいるにも関わらず、直前に突っ込んでくる車が時々見受けられます。地域の交通安全を守るためにも、通行ルールを再度確認しておきましょう!


• 環状交差点に進入するときは道路の左側に寄り、徐行して歩行者・交差点内走行車に注意して進入しなければならない。

• 環状交差点内では、右回りで徐行して走行しなければならない。

• 環状交差点内を通行中は、交差点に進入しようとする車両や交差点内を通行中の車両、横断歩行者に特に注意して進行する。

• 環状交差点を出るときは、方向指示器により合図しなければならない。
 
• 環状交差点に入るときは、全ての車が左の方向に進行するので、方向指示器による合図は必要ない。

詳しくは宮城県警のこちらをご覧ください。
http://www.police.pref.miyagi.jp/hp/kisei/kanjoukousaten/kanjoukousaten.html

もちろん罰則もあります。


●環状交差点左折等方法違反
  2万円以下の罰金又は科料
  基礎点数:1点  反則金:4千円(普通・二輪車)

●環状交差点通行車妨害等
  3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
  基礎点数:2点  反則金:7千円(普通車)

●環状交差点安全進行義務違反
  3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
  基礎点数:2点  反則金:9千円(普通車)

お互いに注意して、安全に通行しましょう


交通安全 ブログトップ